M-422A

こんにちは!
先日のブログで、陸軍航空隊のシンボルA-2をご紹介しましたので、海軍航空隊のシンボルM422Aをご紹介したいと思います!

VINTAGE 40'S U.S.NAVY M-422A FLIGHT JACKET
M-422A_b0121563_11233976.gif

M-422A_b0121563_11235727.gif

誰もが知ってるType G-1ですが、その歴史は1920年代のM-422から始まりました。ちょうど陸軍航空隊がA-2を開発したのに対抗するような形で、海軍航空隊もこのジャケットを開発しました。40年代の大戦期には、TYPE:AN品番になるまで実際にM-422Aを着用して戦っていました。

M-422A_b0121563_11243713.gif

タグです。インターミディエイトゾーン用。BUAERO-U.S.NAVY。SPEC:M-422A。コントラクターはH.&L.BLOCK。コントラクトナンバーはNXS-5134。サイズは40です。

M-422A_b0121563_11273532.gif

左胸には、レザー製のパッチが付いており、『BENJAMIN F. EDWARDS』と元持ち主の名前と所属部隊の記載があります。

M-422A_b0121563_11245244.gif

フロントジッパーはベル型のタロンジッパーで、コの字止めです。引き手には革紐が付いており、手袋をした状態でも開閉させやすいようになっています。

M-422A_b0121563_112626.gif

首もとのチンストです。低温下ではこのように立ち襟にして保温と風の侵入を防いでいました。ボアは非常に柔らかく、現在の化繊の物とは比べ物にならないぐらい肌触りが良いです。抜けも少ないです。ボタンも完品で残っています。

M-422A_b0121563_11262015.gif

首裏には、お馴染みの『USN』ステンシルです。

M-422A_b0121563_11271535.gif

脇の鳩目です。動きやすいように生地のパターンも工夫されています。

M-422A_b0121563_11274986.gif

ライニングです。若干染みはありますが、破れなどほとんどありません。ボディ左内側にはジッパーに沿った形でタテのポケットが付が付いています。


大戦中44年には陸軍・海軍共通のAN6552が採用され、M-422Aは幕を下ろしますが、基本的な形はM-422から現在のG-1までほとんど変わらない、軍物の中でもかなり珍しい一着です。

めったにお目にかかれません。お探しの方お早めにどうぞ!
ご来店・お問い合わせお待ちしております!


TAKASHIMA
by whiteheadeagle | 2011-10-09 22:58 | Comments(0)
<< PATAGONIA FLEECE FUCT A/W2011新入荷... >>