<   2009年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

クランプス

b0121563_11312498.jpg


b0121563_11503855.jpg

ショックだ!!!!!

The CRAMPS のボーカル ラックス(LUX INTERIOR) が死んだ。

もうCRAMPS観れないのだな。。。。。


R.I.P






koto
by whiteheadeagle | 2009-02-05 11:31 | Comments(0)

U.S.NAVY DECK JKT (FRONT HOOK)

DECK JKTが入荷しました!!!
b0121563_2173423.gif

デッキJKTといえばN-1DECKが有名ですが、こちらは一般的に、『フックタイプ』や『NAVY TANKERS』ともよばれ、米国海軍で第2次世界大戦頃から朝鮮戦争にかけて使用されていたと言われています。初期型に採用されたフロント開閉部のZIPが海水の塩分によって錆を生じ、ZIP開閉が困難になるという問題を解消するために変更されたのがこの後期型DECK JKTです。
b0121563_2174567.gif

b0121563_2175754.gif

前身ごろのセンター部分が3枚の比翼になっていて、それぞれを重ね合わせて一番上のフラップにフックをかけます。
b0121563_218114.gif

表素材は『Jungleクロス』と呼ばれる高密度のコットングログランが使用され、インナーにはウールのブランケットが。(※コットングログランとは高密度の綿生地のことで遮風性と防水性に優れていて、見た目はピケに近い。)
b0121563_2182389.gif

このパッチポケットもN-1には見られない魅力的なポイントの一つです。
b0121563_2184642.gif

そして、背中には『U.S.NAVY』がステンシルされ、ばっちり残っています!
b0121563_2184965.gif

全体に多少の汚れと、袖口の擦傷がありますが、かなり状態のいいほうだと思います。
肩幅51cm、身幅59cm、着丈71cm、袖丈67cmです。

空母における花形といえばパイロット。パイロットが着用していたフライトJKTも良いですが、そんなパイロットを影ながら支えたデッキクルー。そんな彼らの過酷な状況下での仕事を支えたのがこのDECK JKTなんです。滑走路にこびりついたタイヤのカスや、戦闘機から漏れたオイルをデッキブラシで拭い続けたデッキクルーの誇りと哀愁が背中の『U.S.NAVY』から感じずにはいられません。。。

U.S.NAVY DECK JKT (FRONT HOOK) ¥83790-

kageyama
by whiteheadeagle | 2009-02-04 21:09 | Comments(0)

The Wrestler


b0121563_1121688.jpg

かつて、世界中からセクシーだと言われていた男も今では良い具合の枯れよう。
波乱万丈男 ミッキー・ローク完全復活ですね。

しかも第66回ゴールデングローブ賞で主演男優賞受賞!!!!!!!!!!!!!!!

正直嬉しい!! おまけに作品が 「レスラー」 題材が素敵すぎる!!

ボクシング映画とかではベタだけど、プロレス映画で受賞って、凄くないですか??

男泣き映画であることは間違いなさそう。

あまりミッキー・ロークのことは話題にしてもらえなかったけど映画「SIN CITY」で久々に見たときも嬉しかったな。

あまりにもカッコ良すぎて男泣きしたね。。。
あのネコパンチはただの若気のいたりだったのだと確信しながら。
b0121563_130559.jpg

これは野郎と行くしかないな。↓

アカデミーにもノミネートされているんで是非獲ってほしい。

それで、80S~90S アメリカンプロレス・ブームがやって来たら、もっと良い!!
冷戦時代のアメリカが空前のマッチョブームだったあの頃のように!!!
映画スターもスポーツ選手もゲイもミュージシャンもみんなね。

とはいかないか。。。


しか~し、ホワイトヘッドイーグルは取り揃えてますよ~ 

着れるマッチョなアメリカンを!!
どーですかーお客さーんんんんんん!!!!!!!!
b0121563_10385296.jpg

b0121563_10393866.jpg


数年前にビンテージROCK-Tシャツとか流行ってましたよね?
あのへん着れるんだったら、プロレスTもありでしょ?


これ着て夜遊びしてたら、フロアでモテること間違いなし!!!!

なんか配色とかデザイン、今見るとグッと来るのだよなぁ~。
哀愁&マッチョ=ローファイでそれを通り越してハイファイなテイストが☆☆☆

そんな気分。

ホーガンのサイン付きとかもありますよ!!!!!!


話はもどって、ミッキー・ロークは調子に乗ってor乗せられてか知らないがWWEのリングに上がってしまいそうな感じなんすが、どう思います?

ボク的には俳優に徹していただきたい。

そして、「レスラー」と合わせて観たら面白いと思うのが、プロレスビジネスの裏側を撮ったドキュメンタリー「ビヨンド ザ マット」(1999年)お勧め!!

この中に出演しているジェーク・ロバーツというかつて怪奇派として有名だったレスラーの煌びやかな過去の栄光に隠された暗い真実や、落ちぶれてしまった今も現役として小さな会場をまわる姿は「レスラー」と「ミッキー・ローク」そのもの。

プロレスファンもアンチプロレスファンも観たらきっと、単なるショーでは無いことがわかると思います。 

ンムフフ。

koto
by whiteheadeagle | 2009-02-03 09:57 | Comments(0)

Theo Jansen展



 テオ・ヤンセン展 -新しい命の形-

 日比谷パティオ特設会場(三信ビル跡地)
2009年1月17日(土)~4月12日(日)
※2月15日(日)のみ施設点検のため閉場


にて開催中~!!

風の力だけで動いてるとは思えないっすね。
イイ動きしてますな~。

ストランドビースト=ビーチアニマルってネーミングもイケテル。


Theo Jansen見てたら99年に待望の初来日したSurvival Research Laboratoriesを思い出しました。


S.R.Lのほうが古くからあるのですが、とても工業的かつ攻撃的、ヤンセンは環境を意識したスローな感じでどちらも、時代的な表現を感じます。

週末は二日酔いにならないようにして、テオ・ヤンセン展体感してこよう。

Theo JansenもS.R.Lも食玩やガチャガチャであったら全買いするね。

koto
by whiteheadeagle | 2009-02-02 19:21 | Comments(0)