<   2008年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

TRASH-UP!! 入荷!!

話題のファンジン「TRASH-UP!!vol.1」がホワイトヘッドイーグルについに入荷しました!!

気になる内容は..........

< TRASH-UP!!創刊号 CONTENTS >
b0121563_14252588.jpg
・「ダークサイド・ミラーズ」8000字スペシャルインタビュー(by いぬつばき)
・日本のミイラを求めて (by 柳下毅一郎)
・ユーロ・トラッシュの鬼才 レナート・ポルセリ(by 山崎圭司)
・スペインの狼男 ポール・ナッシー(by 伊東美和)
・コミック「殺しの落胤」(by うぐいす祥子)
・怪奇マンガ家「川島のりかず」の世界
・フィリピンの映画王 シリオ・H・サンチャゴ(by 餓鬼だらく)
・血と暴力にまみれた赤ずきん マシュー・ブライト(by 岡本敦史 )
・東宝クール・アクションのビザールな世界(by真魚八重子)
・「genocide」インタビュー
・怪奇爆音バンド ギャストリー・ワンズ(by Wild Ox)
・「MUNSTER」大特集(byネモト・ド・ショボーレ)
・世界のワンマン・バンド(by Money cild)
・CDレヴュー
・輸入DVDレヴュー(byビデマボーイズ)ほか

TRASH-UP!! Trash Culture Magazine (DVD付)
定価1,365円


TRASH UP!! は、コフィン・ジョーや、ドリラーキラー等のマニアックなホラー映画専門にリリースしていたTRASH MOUNTAIN VIDEO主宰の屑山屑男 (クズヤマクズオ)氏が創刊した、映画、音楽、アート(トラッシュ・モンド・スカム・ビザール・ホラー)などのトラッシュアップされたカルチャーを紹介するトラッシュカルチャーマガジンです。

スベテノ アイスベキ クズドモ アツマレ-――――――!!!!!!!!!

koto
by whiteheadeagle | 2008-03-31 14:48 | Comments(0)

大笑い 三十年の バカ騒ぎ

b0121563_12541818.jpg
近所のコンビニに入ってコミックコーナー前であまりの驚きに漏らしそうになる!!!!!
ぬぁんと、 「実録極悪ヤクザ伝 仁義の墓場石川力夫 」(バンブー・コミックス) が並んでいた。
一瞬目を疑う。 藤田五郎原作「仁義の墓場」がコミック化されてるではぬぁいかぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!

皆さんはご存知だろうか?
救いようの無い伝説的無法者、石川力夫
飼主に噛みつき、渡世社会を敵にまわし、暴れ、貪り、狂ったあげく刑務所で「大笑い 三十年の バカ騒ぎ」の辞世の句をのこし投身自殺した男を。

人生ここまで転がり落ちるものなのかと言うくらいゴロゴロと転げ落ちる。周りを巻き込んで。
仁義なんか一切無く、とにかく狂っているだけなのだ。。
狂犬というよりも野獣だ。 最凶・最低・最悪!!!!!!

b0121563_10421431.jpg

僕が最初に目にしたのは三池崇史監督「新・仁義の墓場」であった。
今でも覚えている。あのとき受けた感覚を。
主演の岸谷五郎の演技がとにかく強烈だった。
(パンチパーマの似合いっぷりがハンパない。02年ベストニグロPニスト受賞!!!)

ほどなくして、深作欣二監督「仁義の墓場」を見る。
そこでまた主演の渡哲也の演技に殺られる。 
実在した人物であることを知り腰をぬかす。

どちらも目がかなりイッちゃってて、怖すぎる.......。
他には無い迫力と凄みがあり、とても同情の余地など無いのだが、物語にドップリと引き込まれていく。 
そして切なくなるのだ。。。。
(新仁義での有森也美が見るからに幸薄くかわいそう)
b0121563_1253076.jpg
以前から竹書房では実録物を
ピカレスクシリーズとして多数出版していて
僕も気になる渡世人のブツはゲットしていたが、
「仁義の墓場」は一番の収穫だったなぁ~。

石川力夫は戦後間もない頃の話だが、
現在も身勝手で周囲の人間を不幸のどん底に
叩き落すヤカラはいなくならんのですなぁ~。

現在西新宿にある石川力男の墓には「仁義」と刻まれている。 アーメン

koto
by whiteheadeagle | 2008-03-29 13:03 | Comments(0)

GRIND HOUSE

祝 GRIND HOUSE DVD BOX発売!!!!!!!!

とうとう発売になりましたネ!! 豪華6枚組コンプリートBOX!!!!
待ってましたよ―――!!!! やっと見れますよ―――!!!! フェイク予告篇!!!!
確か公開当時、U.S.A.公開版は六本木のTOHOシネマでしか見れなかったような.....。


家でこれが見れるのか~と安心してたけど、イマイチ雰囲気にかけるな~と言うあなた!!!
朗報です。雰囲気バッチリな映画館で公開ですヨ――!!!!

浅草中映で今月25日から公開になります!!!LOWな雰囲気を求めるなら、深夜のテレ東か浅草中映しかありませ―――ん。(しかも2本立で¥1300  カップル ¥2200安い!!!!)


浅草といえば東京下町ですが、浅草中映周辺は観光地的な下町というよりも、
DOWNTOWNGHETTODIRTYCHAOSです♪♪♪

上映作品はアクション、ホラー、バイオレンス、サスペンス中心です。
しかも2本立てあたりまえです。(途中外出可)
最新映画はやってません。(おやつ 持ち込み可)
週末はいろんな人達がいます。
(身長180cmを超えるラメラメなボディコンを着たオッサンや、どう見てもそこで生活していそうな人、タバコ吸いだす人etc.....)
カップルシート完備!!
普通の名画座とはちょいと質が違います。

どうですか?かなり『グラインドハウス』にピッタリじゃありませんか?
他の上映プログラムもかなり人を選ぶセレクションになってて....
(スキヤキウエスタン ジャンゴ×スネークフライト 最強!!!!!!!!!!)

ていうか、ここ完全に*グラインドハウスですよね??

こりゃも~う目が離せません。
こんな映画館かなり貴重です。
タラちゃんのオマージュまんまです。
これからはこの絶滅危惧種保護の為に休日はみんな浅草でボンクラ映画を見ましょう!!義務
SAVE THE GRIND HOUSE!!
(浅草名画座、浅草新劇場もヤバイです。)

シネコンなんかじゃ味わえない良さがあるはずですぜ!!!!!
もうセレブやラグジュアリーなんか腹いっぱいダッ―――!!てな人は、
浅草ぶらつきがてら、B級映画を見て、屋台で一杯なんてのも良くないっすか?
 

*グラインドハウス : 60年代、70年代のアメリカでエクスプロイテーション映画やB級映画などを2~3本立てで上映していた映画館のこと。
b0121563_11411469.jpg

それから、Rockin' Jelly Bean画伯のHEAD SHOP「EROSTIKA」 のBLOGでOX君が紹介していた、ブートのT-SH激気になります。

koto
by whiteheadeagle | 2008-03-24 11:17 | Comments(0)

GHOST RIDE IT

今もっとも注目すべきムーブメント・・・・・

その名も”HYPHY”=ハイフィー。

オークランドやヴァレホといったベイエリア中心から発祥した激テンション高めのハイファイなサウンドムーブメントの事を指します。

『hyperactive』という激しく動く的な意味のスラングを省略して『HYPHY』というらしく、南部の『クランク』と同じように元々は特定のサウンドを示す呼称ではないのですが、チープなシンセを反復したダイナミックでバウンシーなビートで、所謂ハイフィーな状態へ導くようなダンス・トラックをこう通称しているようです。

VANSの事を延々とラップした『VANS』というまんま!!的な曲で知られる『THE PACK』はここ最近日本でも人気があります。黒人とスケートカルチャーも密接にリンクしているようでPVのノリも結構いいですねぇー
b0121563_1932721.jpg

♪♪「VANS」 THE PACK♪♪



b0121563_19334539.jpg



ヴァレホの重鎮、E-40。
子供の時から40オンス(安物)の酒を飲みまくって築き上げた巨漢。







『HYPHY』の祖とも言われるヴァレホの伝説『MAC DRE』。
いち早くハイフィーなサウンド&コスプレwwを取り入れ、超ハイペースなりリース、自身のレーベル『Thizz Entertainment』を設立・運営しシーンの活性化に努めてきましたが、2003年に敵対するグループに射殺されてしまいました。
b0121563_19345637.jpg

♪♪「Giggin'」 MAC DRE♪♪ ノリがヤバイです!!



そんな中、音以外に『HYPHY』な遊びも流行っているそうです。



その名も・・・・・・『GHOST RIDE』※真似は厳禁!!
b0121563_19401770.jpg



♪♪GHOST RIDE IT♪♪MISTAH FABのおバカサンプリング曲にも注目!!
※危険なので真似しませんよーに。


あのDJ SHADOWもHYPHYのミックスをリリースしてるようです。
他にも多くのアーティストがいるようなのでもっと勉強したいと思います~
『HYPHY』・・・・・このムーブメントは日本にも上陸するのか!?


aoki
by whiteheadeagle | 2008-03-23 20:48 | Comments(0)

祝 ゆうばり国際ファンタスティック映画祭


最近の映画界はどうなってるのでしょうか?

「愛を叫んじゃう難病系」やら「ぬる~い青春系」、「TVドラマ系」なんかの日本映画界や興行成績のみの海外映画界も変革期が来て欲しいですね~。

そんな心配をよそに、かなり興味をそそるバイオレンスムービーが!!!!!

b0121563_10271964.jpgまずは「デスレース2000年」のリメイク「DEATH RACE 3000」!!
監督は「AVP」なんかのPaul W.S. Anderson!! プロデューサーはトムクルーズみたいですね―。

それから―    b0121563_10265777.jpg
THE WARRIORS」がリメイクされます!!!!!!!!
監督はTony Scott!! しかも今回は舞台がLAだそうで......
どんな話になるのでしょうか?

あまり期待はしていないのですが、きっと今の小.中学生が見たら、良い意味でトラウマ映画になるんだろうな―。

公開未定の海外リメイク物が続きましたが、
日本映画からは劇場公開も危ぶまれている、異才・井口昇監督によるスプラッター映画「片腕マシンガール」(The Machine Girl)!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
資本はU.S.A!!!! 「TOKYO SHOCK第一弾!!」
全米震撼っすよぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!
プロデューサーは千葉善紀さん!!!!!!
あ、あの「極道戦国志/ 不動」を製作した千葉善紀っすよぉぉぉぉぉぉ!!!!!!(炎上)
映倫の神経逆撫で間違いなしです!! 故に日本での劇場公開は決まってません!!(無念)

そう言われると、なおさら見たくなりますよね~。。。。
今の日本の現状じゃ無理かぁ~~~~~。。。。。。。
しかし、セーラー服はなんでも合うんですなぁ~。。。。

唯一本日から開催される「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」でのみ、ワールドプレミアム上映が決まっているみたいですね。
イキテ――――!!!!
b0121563_1092534.jpg

いつかは「ゆうばり国際映画祭」には行ってみたいと思っていたのですが、例の夕張市破綻騒動で一時は休止していたものの、「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」として復活してくれて大変嬉しいです!!!!
ゴーゴーゆうばり!! 夕張市の方、小松沢陽一さん応援してます!! スカパーナイスです!!

koto
by whiteheadeagle | 2008-03-19 18:56 | Comments(0)

YOKOHAMA HOLIDAY

3月20日春分の日。
春の訪れを感じるか否か横浜では何か起こりそうな予感が・・・

します!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

そう、pure power violence!!ハードコアバンドのdREADEYEのリリースを記念して横浜は24WESTにて45Radio&DMB presents『CONCRETE ROOTS』が開催されます!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
b0121563_18275136.jpg

『CONCRETE ROOTS』
@24WEST
17:00-22:00
1500yen/1D

[LIVE]
dREADEYE
Lowvision
Paybackboys
Eric
Angel O.D

[DJ]
The Bears


この面子は・・・・ハードコア好きは見逃してはいけませんね。

自分はあまり詳しいわけではありませんが、
何度かライブをご一緒してまして、彼らのライブの強烈さに毎回良い刺激を頂いております。
ハードコア聴く聴かないどちらにしろシーンの最前線を知りたい方は是非、足を運んで体感して欲しいものです。

そして「まだまだ俺はやれるんだ!!!」的な人↓↓↓↓↓
b0121563_1828324.jpg


同じく横浜はexBodegaにてアフターパーティーあります。

「Da Smorkers Delight -Brotherhood Edition-」
@exBodega
22:00-
1000yen/1D

[ARTIST]
BushBurst
DJ NOBU
Akira(Soul Grow)
C.I.A
ROCKASEN
Yamachang
Dead Fuckin’ Ninja
Hiace&Loadass

[SOUND]
Saruyama

この日はなんだか長い1日になりそうですね・・・
朝までゆっくり過ごす音楽や仲間との時間を貴方も持ってみてはいかがですか?

aoki
by whiteheadeagle | 2008-03-19 18:31 | Comments(0)

石川拓也×石川タクヤ÷SWITCH

石川拓也 写真家

彼とは中学の同級生であるが、当時喋った記憶は無い。

彼と再び出会ったのは、4~5年前に松涛スタジオで僕が篠原有司男さん(ギューチャン)のイベントを企画した時に、「DUNE」編集長の林文浩さんが連れてきたフォトグラファーの一人だった。

それから数週間後、再再会する。 
千葉の名物パーティー「フューチャーテラー」をシュートしにきていたのだ。
そこで彼の生い立ちを聞いて驚いた。

大学中退後、インドを放浪中に安いカメラをゲットし、中東へと流れ、そこから東欧の戦地で戦場カメラマンとして日銭で食いつなぎ、ヨーロッパ→アフリカへと流れ、最終的にNYへと辿りつく。そこで本格的に写真を学んだという。

いったい何を見てきたんだ――――???
普通、そうやってカメラマンになるの????

まったく面白い男である。 そんな彼が撮り下ろす写真は悪いワケが無い!!!!!!!!

彼がフォトグラファーとして参加した写真集と呼んでも過言ではない本が発売された。
スイッチ・パブリッシングから SWITCH special issue「桑田佳祐2007-2008」
LIVE TOURを17日間密着ドキュメントしたSWITCH別冊号である。

僕はSASや桑田佳祐さんという柄でもないのだが、これに関しては素晴らしいと素直に思えた。
桑田佳祐さんの深さ、会場全体を包む暖かさ、スタッフ達の緊張感。まさにLIVEである。
うまく言えないのだが、単なる記録ではない。 とにかく良いのだ。。。
僕も「波乗りジョニー」でも聴いてみようかなぁ~。
b0121563_14172021.gif


koto
by whiteheadeagle | 2008-03-18 12:52 | Comments(0)

MHI

MHI by maharishi
ホワイトヘッドイーグルでMHI 08S/Sのデリバリーが始まりました。「NO FUTURE」をテーマに、非現実世界を描いた映画からMHIらしいアプローチをみせています。
今後スタイルサンプルを随時UPしていきたいと思います。
b0121563_11341187.jpg


ロンドンでミリタリーコレクターだったHardy Blechman / ハーディー・ブレックマンが1997年にスタートさせたブランド。ミリタリーのリメイクアイテムやオリジナルカモフラージュアイテムなどをリリースし、定期的にフューチュラ、NECK FACE、WK INTARACT、スタッシュ、マイケルラウなどのアーティストとエキシビジョンを開催し、コラボレーションアイテムを多数発表しています。 

koto
by whiteheadeagle | 2008-03-14 11:35 | Comments(0)

VANS VAULT

VANS VAULTから新作が入荷しました!!
これからの季節にもピッタリな?ハイビスカス柄になります。
刺繍仕様になっています。

各15.750yen
b0121563_15454740.jpg

by whiteheadeagle | 2008-03-13 15:47 | Comments(0)

アフロレゲエ

パレスチナ紛争よりも多くの若者が死にゆく街。
リオのスラム街「ファヴェーラ」 音楽によって変革をもたらす男を追ったドキュメンタリー。
「city of god」を見て以来、ブラジリアンゲットーの呪縛から逃れられず、とても気になります。
映画「ファヴェーラの丘」楽しみでーす!!!!!
4/5(土)より、東京都写真美術館にてロードショー!!!!!
b0121563_13181340.jpg

koto
by whiteheadeagle | 2008-03-13 13:38 | Comments(0)