2016年 10月 07日 ( 1 )

CAMCO -Heavy Flannel Shirt-

こんにちは!

いつも当店のBLOGをご覧いただき、誠にありがとうございます。

大宮店の高島です。



b0121563_15585143.jpeg

今年もコチラをご紹介する時期がやってきたなぁと。。

毎年秋冬シーズンになると、欠かすことなく置き続けているCAMCOのネルシャツ。

ネルシャツと言えば、『BIG MAC』や『FIVE BROTHER』に代表される、クラシックなヘビーネルがやはり一番しっくりくると、スタッフの共通認識でいますが、ただでさえ球数が減ってしまっている上に、色味・サイズ感・程度の3拍子揃ったものを探すとなると、今ではかなり酷。

新品で探しても、生地感がチープな安物や、高すぎるブランド物もまた違う気がする。

我々が求める、『高すぎず、ガシガシ着れる、クオリティの高い、クラシックな』ヘビーネルはいったいどこにあるんだ!
そんな同じ思いの方も少なくないのではないかと思います。

でも、あるんです。




CAMCO - HEAVY FLANNEL SHIRT -

【SIZE】S , M , L
【COLOR】Blackwatch , Red
【MATERIAL】cotton 100%
【PRICE】¥8500+tax

b0121563_16002241.jpeg
b0121563_16004799.jpeg
b0121563_16010420.jpeg
b0121563_16013444.jpeg
b0121563_16014877.jpeg
b0121563_16012365.jpeg
b0121563_16023185.jpeg
b0121563_16021794.jpeg
b0121563_16020230.jpeg


1950年代創業の老舗USAブランド、CAMCOのヘビーウェイトのフランネルシャツ。

SEARSやJC PENNEYと言ったストアブランドや、ラルフローレンの生産も手掛けていたという事実からも分かるように、クオリティを重視するブランドから厚い信頼を得ていました。

現代になって会社は変われど、RRLのシャツ生地を手掛けている工場を選定し、糸から染めて織り上げさせるという妥協のないものを作り続けています。

CAMCOのネルは『ダブルフェイスフランネル』と呼ばれ、通常の綾織りではなく、縦の色糸の下に横の色糸を重ねるように織られ、表と裏とで柄の縦横が異なるのが特徴です。

これは、60~80年代頃のアメリカのネルシャツに見られた製法で、CAMCOはこの仕様を再現し、往年のアメリカンフランネルシャツの魅力を現代でも踏襲し続けています。

目が詰まった厚手のフランネルシャツは、長く愛用し、洗濯を続けていくと、生地がこなれて雰囲気が一層良くなります。

それもこれも、長く着続けられるクオリティの高さ・作りの丈夫さがあってこそです。

触っていただくだけで、質実剛健さが伝わってくる。

CAMCOのネルシャツもそんなアイテムの1つです。



TAKASHIMA

---------------------------------------------------------------------------------------------------

WHEではホームページ、Instagramでも最新情報や様々なアイテム
ご紹介しているので是非こちらもご覧ください!!

HPアドレス
http://whiteheadeagle.jp

Instagram
http://instagram.com/whiteheadeagle

W.H.E ONLINE SHOP
http://www.rakuten.co.jp/w-h-e/


【大宮店】
048-648-8088


by whiteheadeagle | 2016-10-07 17:44 | Comments(0)