2016年 06月 08日 ( 1 )

SNOOPY!!!!!!!

b0121563_15544929.jpg


こんにちは!

いつも当店のBLOGをご覧いただき、誠にありがとうございます。

大宮店の高島です。



昨年の10月2日で生誕65周年を迎えた『ピーナッツ』。

4月23日に世界初のサテライト美術館『スヌーピーミュージアム』がオープンするなど、

アニバーサリーイヤーであるこの1年間は、記念グッズがリリースされたり、イベントが開催されたりと、目が離せない存在です。

そんなスヌーピーは、永くアメカジや古着を扱ってきたWhiteHeadEagleにとっても、切っても切り離せない最重要キャラクターの1人。

本日は、入荷したてのTシャツに加えて、OLDのアイテムも交えてご紹介していきたいと思います。



b0121563_1555622.jpg


b0121563_15552466.jpg


主人公の愛犬・相棒であるスヌーピーで広く知られるアメリカの漫画『ピーナッツ』の作者『チャールズ・モンロー・シュルツ』。

子供の頃から絵の才能に恵まれ、学業の方も2学年飛び級をするほど良くできたそうです。
しかし、年上で体格も大きいクラスメイトに仲間外れにされたそうで、その子供時代の経験から『ピーナッツ』の主人公であるチャーリー・ブラウンが生まれました。

13歳の時に、飼っていた犬の『スパイク』が人間の言葉を理解しているような行動をとっていると思った少年シュルツは、この愛犬から後のスヌーピーを生み出していきます。

『ピーナッツ』はシュルツの内面や経験・思い出の影響が色濃く反映されており、作品そのものがシュルツの一部と言っても過言ではない漫画といえるでしょう。


30年以上に渡って在住したカルフォルニア州サンタローザは、ゴルフやアイスアリーナなどのスポーツが盛ん。『ピーナッツ』作中の子どもたちのライフスタイルはこの街の風土の影響を強く受けています。

のどかな空気がただよい、初夏はラベンダー畑が見られるなど、作中の空気感を感じられる町並み。
アメリカの古き良き生活を感じる時間が今も流れています。




"NEW" Old Snoopy "Schulz-Comic" 7.1oz Pocket Tee
【SIZE】M , L , XL
【PRICE】¥3800+tax
※通販をご希望の方はコチラ→http://item.rakuten.co.jp/w-h-e/10003232/

b0121563_13103651.jpg

b0121563_13105020.jpg

b0121563_1311764.jpg

b0121563_1311234.jpg





"NEW" Old Snoopy "Schulz-Beach" 7.1oz Tee
【SIZE】M , L , XL
【PRICE】¥3800+tax
※通販をご希望の方はコチラ→http://item.rakuten.co.jp/w-h-e/10003233/

b0121563_1381760.jpg

b0121563_1383744.jpg

b0121563_1385944.jpg

b0121563_1395889.jpg





"80'S" Old Snoopy T-SHIRT -HERO-
【SIZE】L
【PRICE】¥4500+tax
b0121563_13235445.jpg

b0121563_1324866.jpg

b0121563_1324225.jpg





""80'S Old Snoopy T-SHIRT -CEDAR RAPIDS-
【SIZE】S
【PRICE】¥2800+tax
b0121563_13244021.jpg

b0121563_13245580.jpg

b0121563_13251013.jpg





"80~90'S" Old Snoopy SWEAT
【SIZE】XL
【PRICE】¥5800+tax
b0121563_13252616.jpg

b0121563_13253853.jpg

b0121563_13255480.jpg





Old Snoopy CAP
【SIZE】Free
【PRICE】¥3500+tax
b0121563_13221573.jpg

b0121563_132240100.jpg

b0121563_13225439.jpg

b0121563_1323658.jpg





Old Snoopy Wappen(左:DEADSTOCK / 右:USED)
【PRICE】左:¥1500+tax , 右:¥1000+tax
b0121563_13232272.jpg




50年以上休むこと無く『ピーナッツ』を連載し続け(!!!)、

第2次世界大戦にも従軍した経験があるなど、

日本の漫画の黎明期を支えた作家たちと似た経歴を持つ彼が生み出す作風は

暖かく・可愛らしいタッチながらもどこかシニカル。

子供だけではなく大人が読んでもクスリと笑える作品は、世界中から愛され続けていくことでしょう。

65周年を迎えたちょうど今、目を向けてみてはいかがでしょうか?




TAKASHIMA

---------------------------------------------------------------------------------------------------

WHEではホームページ、Instagramでも最新情報や様々なアイテム
ご紹介しているので是非こちらもご覧ください!!

HPアドレス
http://whiteheadeagle.jp

Instagram
http://instagram.com/whiteheadeagle

W.H.E ONLINE SHOP
http://www.rakuten.co.jp/w-h-e/


【大宮店】
048-648-8088
by whiteheadeagle | 2016-06-08 17:19 | Comments(0)