2008年 04月 21日 ( 2 )

インサイド/アウトサイド


ギィャァァァァァァァァ!!!!!!!!!!!!


オラおもいっきり1ヵ月勘違いしてただぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!


先程、来月のスケジュールをチェキッとりましたら、口の中のカレーパンがボテッとこぼれ落ちましたぁぁぁ。。。


アナウンスされてから注目していた映画「インサイド/アウトサイド」の公開をゴールデンウィークだとばかり思っていたら、UPLINK FACTORYにて2008/4/5(土)~4/11(金)で既に公開済みだった........。(イベントのゲストも濃いメンツ!!)

悔しいので内容だけでも..........。
b0121563_13123241.jpg


反逆者達の広告の殺し方

消費至上社会に反抗するため、路上表現者たちは今日も活動を続ける。
パリのゼウスは広告をスプレーで赤くペイントし、デンマークのアダムス&イッツォは街の各所に無断で住居を建築する。
街をキャンバスに、違法とわかりながら表現活動し続けるアーティスト、ストリートアートシーンのその奥に潜む社会の歪みを描き出すドキュメンタリー。

イリーガル・アートはアートなのか?
表現に規制は必要か?
アートで反戦活動は可能か?
そもそもアートである必要があるのか?(作品資料より)

ウ~ム.....複雑ぅ。

ストリートシーン(グラフィティーに限らず)に永遠と付きまとうであろう、リーガルとイリーガル、アートか否か、最大のテーマである暗部がこの映画で、どこまでクローズアップされているのか、とても興味をそそられるなぁ~と思ってました。

2005年に水戸芸術館にて行われた、日本のグラフィティカルチャーを
紹介する国内初の展覧会『X-COLOR/グラフィティ in Japan』展の時も論争が巻き起こってましたが。
まぁ~ 結局、賛否両論で答えなんか出る問題じゃないんでしょうけどね。
きっと全てのアートって論争や事件的(犯罪ではない)な出来事が起きていかないと、シーン自体向上していかないし.....。
論争されてこそアートなんじゃないかな~ぁなんて思いますね。

イリーガルからも新たな才能、可能性が生まれてるのも事実。
それが様々なカルチャーの一端を担っているのが現実。
打倒 バビロン!! これもパワーの源

b0121563_1804084.jpg

監督:アンドレアス・ジョンセン、ニス・ボイ・モラー・ラスムッセン
撮影:アンドレアス・ジョンセン
出演:ゼウス、スウーン、KR、イアスノット、オス・ジェメオス、ピグメウス、アダムス&イッツォ、ロン・イングリッシュ
音楽:THA BLUE HERB、UPSETS FEAT ZERO、RON ENGLISH、JEL、SHINGO2 他




7/4発売のDVDを待つしかな―――――い!!!!!
ボクはこの映画にも出演しているロン・イングリッシュが好きです。

b0121563_1894328.jpg

b0121563_18101857.jpg
ロン・イングリッシュ 作品集
Ron English:ABJECT EXPRESSNIONISM
¥5,993(税込)

ホワイトヘッドイーグルでも取り扱っているので、気になる方はゼヒゼヒ。




koto
by whiteheadeagle | 2008-04-21 12:59 | Comments(0)

本日TRASH-UP NIGHT!! vol.6

先日ブログでもお伝えした、トラッシュ・カルチャーマガジンTRASH-UP!!の創刊パーティーが今夜、高円寺ミッションズ でやりまっせー!!!!!!!
しかもMIXCDを先着でプレゼント!!!!!!!!!

b0121563_1035241.jpg

TRASH-UP NIGHT!! vol.6
CULT OF THE ZINE


LIVE:
ATTACKS
デーモンズ
& more

DJ:
A.K.I.PRODUCTIONS(倫理B-BOY RECORDS)
JUNK THE RiPPER(DARKSIDE MIRRORS)
YO!マイキー (2 MUCH CREW)
Helter&Skelter
中原昌也

2008.4.21(mon)
OPEN 18:30
START 19:00
前売り1,500円  当日2,000円 (別途1ドリンク代500円)

 
場所:高円寺ミッションズ

アイスベキ クズドモ アツマレ!!!!
koto
by whiteheadeagle | 2008-04-21 09:59 | Comments(0)