FULLCOUNT - Wabash Coverall Jacket -

今朝は健康診断があり、いつもよりも早く起きました。

10月初日は良い感じに気温も下がり、背筋がシャキッとしますね。

今年も悪いところも見つからず(たぶん...)、体重の増減もなく一安心してきました。

こんなにも強い身体に産んでくれた両親には感謝ですね。

これから一段と寒くなってきますので、皆様も体調管理にはお気を付けください!




さて、本日は届いたばかりのコチラ↓↓

b0121563_11411342.jpeg

b0121563_11413354.jpeg


WABASH!!!!!!

ヴィンテージワークウェアの代表格とも言える『ウォバッシュ』を用いたカバーオールが、

Fullcountより到着いたしました。




INDIGO WABASH COVERALL

【SIZE】38
【PRICE】¥26000+tax

b0121563_15294567.jpeg

b0121563_15302564.jpeg

b0121563_15280579.jpeg

JACKET» Fullcount - ¥26000+tax
SHIRT» Individualized Shirt - ¥26000+tax
PANTS» Fraizzoli (size 46) - ¥22000+tax
SHOES» Loake - ¥48000+tax


オハイオ州とインディアナ州の境近くを流れる『ウォバッシュ川』が名前の由来とされるこの素材は1900年代初頭に作られ始め、だいたい1930年代までの間、当時の機関士を中心に使われていたようです。

ちなみに、オリジナルは博物館クラスのレア物で、市場に出回ることもありますが、70万円~100万円という高額で取引されます。。

後に出てくる『ヒッコリーストライプ』も同様ですが、汚れやすい仕事でも、『目の錯覚により汚れが目立ちにくい』という利点から、人気を得たようです。

当時は蒸気機関車ですので、石炭を扱ったり、油汚れが付いたりと、大変ハードな仕事内容だったはずですよね。

そんな背景をもつ『ウォバッシュ』ですから、

Fullcountから届いたこちらの一着も、素材からディティールまで、当時の背景を意識した仕様になっています。



b0121563_11421365.jpeg


生地はヘビーウェイトのオックスフォードインディゴウォバッシュ素材を使用しています。

製品にした後に加工を施し色目を馴染ませることで、

ストライプの白が真っ白ではなくなり、表面もバキッとしすぎず適度にアタリが出て、

わざとらしくない、レプリカ感の出すぎないボディに仕上がっています。



b0121563_11415345.jpeg


若干ラウンド気味な前立てや、襟のダブルステッチ、フロント4つボタン仕様、3つポケットなども古いカバーオールならではのディティール。



b0121563_11423634.jpeg


当時は手袋を着けたときと着けないときとで、カフスの開き具合を調整できるように2つ~3つの打ち込みボタンを用意しているものもありましたが、こちらはシンプルに1つの仕様。

その分軽く袖をまくったりもしやすくなっています。



b0121563_11435439.jpeg

b0121563_11425845.jpeg


第2ボタンと第3ボタンの間の穴と、左胸ポケットの切れ込みは、まだ懐中時計を使っていた頃のディティール。

当時らしい飾りっ気のない真四角の胸ポケットに、懐中時計入れやペン挿しのためのステッチワークやブランドタグが映え、古いカバーオールらしい、簡素な機能美を感じることが出来ます。





サラッとした、デザイン重視の洋服とはそもそもの趣向が違いますが、流されない変わることのない良さというものも、大切にしたいものです。

今年も残すところ3ヵ月。

体力の落ちがちな時期ですが、男の服を着て、悔いの無いようハードに生活しましょう!





TAKASHIMA

---------------------------------------------------------------------------------------------------

WHEではホームページ、Instagramでも最新情報や様々なアイテム
ご紹介しているので是非こちらもご覧ください!!

HPアドレス
http://whiteheadeagle.jp

Instagram
http://instagram.com/whiteheadeagle

W.H.E ONLINE SHOP
http://www.rakuten.co.jp/w-h-e/


【大宮店】
048-648-8088
by whiteheadeagle | 2016-10-01 20:21 | Comments(0)
<< OSC CROSS "... Individualized ... >>