"ARMY MACKINAW"

こんにちは!

本日のご紹介は、知る人ぞ知る幻の一着、US ARMYの”ARMY MACKINAW”を
ご紹介します!

軍物のウールコートといえば、海軍のピーコートが浮かぶ方がほとんどでしょうが、
なんと陸軍にも存在しているんです。その名も通称”アーミーマッキノー”。

現存する数が非常に少なく、また、当時の用途が不明である点から、幻の一着となっています。

DEADSTOCK "1938'S" US ARMY WOOL MACKINAW COAT
b0121563_14545936.gif

b0121563_14551169.gif

こちらがアーミーマッキノーです。海軍のピーコートのようですが、陸軍のコートです。

状態はデッドストック。見る機会すらほとんどないのに、デッドストックは希少過ぎます。


b0121563_1457281.gif

b0121563_14571647.gif

ポケットはフロントの左右の裾付近に2つのみ。装備を持ち歩く陸軍の戦闘用ウェアとしては少なすぎる仕様です。
形はスクウェア型で、ボタン留めのフラップ付きです。


b0121563_14574550.gif

b0121563_1457578.gif

生地が2重になっているダブルマッキノーの作りは、アウトドアウェアのダブルマッキノーと似ていますが、バックが裾付近まで2重になっている作りは、このアーミーマッキノー特有のディティールです。(通常のダブルマッキノーは肩付近までです。)


b0121563_14563543.gif

ミルスペックタグがしっかりと残っており、完全に読み取れる状態です。
1938年9月6日、レイマン バークウィルズ&スコット社製。

Size 34
Layman-berkwills & Scott,Inc.
Cont.W-669-QM-CIV-230
DATED SEPT.6,1938
Q.M.C.Teat.Spec.
DATED 5/16/35
PHILA.QM.DEPOT
INSPECTOR



これらの作りは、ユニフォームとしてはラフすぎ、戦闘用としては機能不足で、用途が謎に包まれています。

ユーズドの物に、タグに日本人の名前が書かれている物が見られ、サイズが34・36という小さいサイズが多いことから、一説には、第2次大戦時に日本人収容施設で着られていた物とも言われています。

ただ、収容所用にミルスペックを作ることはないため、やはり当初の用途は謎のままです。



SIZE
表記 : 34

実寸
・肩幅 : 46cm
・身幅 : 51cm
・袖丈 : 60cm
・着丈 : 79cm


PRICEASK



今後もう一着アーミーマッキノーが見つかることは無いかもしれません。
そのぐらい希少です。お探しの方はお早めにどうぞ!

本日のご紹介は以上です。
ご来店・お問い合わせお待ちしております!


TAKASHIMA
by whiteheadeagle | 2012-03-29 15:00 | Comments(0)
<< JUXTAPOZ NO'... NIGEL CABOURN >>