イングロリアス・バスターズ

b0121563_1312213.jpg

やっと観れました「イングロリアス・バスターズ」

タラちゃん節全開で面白かったです。

初っ端にユダヤ人の主人公ショシャナが銃弾を逃れ血まみれで逃げていくトコとか、地下酒場でのスリリングな騙し合いからの銃撃戦。 どちらもタランティーノ流の長まわしのセリフから一気に展開が変わるいつものアレが久々に気持ちよかった。

マカロニ・コンバットの傑作「地獄のバスターズ」(伊・76)のリメイクだと聞いていたが違った。
b0121563_143517100.jpg

「地獄のバスターズ」はアメリカ囚人兵達が、ひょんなことからドイツ軍の輸送するV2ロケットの奪取作戦を描いた男気溢れる一本!! であるが、イングロではオマージュが捧げられてはいたが、バスターズの活躍よりもユダヤ人のショシャナ(女)の復讐劇の色が濃く、素晴らしかったのだが、ショシャナ役のフランス人女優メラニー・ロラン が普段着的な時は凄く美しく感じたのに、ドレスアップした時はなぜかピンとこなかった。
貧乳のせいだろうか?

地獄のバスターズの主役ボー・スヴェンソン に監督エンツォ・G・カステラッリもしっかりと出演していた。

それにホラー映画「HOSTEL」のイーライ・ロス監督が「ユダヤの熊」の異名でナチス共を木製バットで撲殺したり、ナチスの頭の皮を剥いだりもするがそこまでバイオレンス色が強いわけではない。

出演している人種も多種多様でセリフも英語・フランス語・イタリア語・ドイツ語と使い分けられていて、差別的であったりするけれど、それぞれの立場や人種の観点が垣間見え、エンディングに向け交差していく。それがうま~くポップに表現されていたと思う。



毎度であるが、タランティーノの映画愛溢れる良い映画であった。



と、そんなこんなですが、本日ご紹介したいブツはコチラだ!!!!!!
b0121563_1453374.jpg

総統アングリ灰皿40s
b0121563_1455436.jpg

人面スカンク3兄弟40s
b0121563_1461396.jpg

ホロコーストの狼男3兄弟 shift knob
b0121563_14101639.jpg


と取り揃えております。

興味のある方、お待ちしております!!!!


koto
by whiteheadeagle | 2009-12-15 14:15 | Comments(0)
<< XXXXXXXX'ma... Χmas present!!!... >>