ざわ・・・ざわ・・・

まさかこんな日が来るとは!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

きたる、9月27日六本木泉ギャラリーにて、
アカギ墓碑開眼・十周忌法要なるものが開催されます!!!!!


内容は関係者、参列者の献花があったり、法要麻雀大会があったり、充実してます。
麻雀大会優勝すると、サイン入りアカギの遺影がもらえるそうで・・・ヌオッッ


喪主が福本伸行先生ってのもヤバすぎる。
もちろん喪服着用です。








本名 赤木しげる
近代麻雀で連載中の「アカギ~闇に降り立った天才」の主人公です。
連載中のは赤木しげるの若い頃の話です。


「アカギ~闇に降り立った天才」は
同著者作品の「天 天和通りの快男児」からスピンオフされた作品で、
「天」の登場人物である“伝説の雀士”赤木しげるの高い人気を受け、
彼を主役にその若き日の伝説を築き上げていく姿が描かれてます。





「アカギ~闇に降り立った天才」も面白いですが、
「天 天和通りの快男児」もオススメ。
三色銀次のアゴのシャクレ具合と虎視眈々とガン牌してるシーンも好きだけど、
やっぱり赤木ですね。



特に「天」の最後の三巻は麻雀知らなくても言いことイッパイ書いてあるので、GOOD。
名言集です。


本能のまま生きる赤木しげるの最期はたまんないです。
勝負師とかギャンブラーとか雀ゴロとか博徒とかじゃぁないんですよね。
あんまり言うとネタバレになってしまいそうなので言えませんが・・・・。




他、福本作品はオススメしたいものばかり。
カイジシリーズもそうですが、銀と金、賭博覇王伝 零、銀ヤンマetc。



地下チンチロでスカっとした気分になれるし、
Eカードの「奴隷は二度刺す」で鳥肌もんだし。
銀と金はポーカー対決の結末で痺れるし




独特すぎる世界感で描かれるギャンブルはいつもやられます。
「そういうことか」思いつつも、またその裏も突かれるんすよね。
読んでて、予想通りの展開だった~なんて今まで一回もなかったすよ。
 



ギャンブルの世界なだけに女性のキャラがあまり出ないのも福本作品の特徴。
出て来たとしても大勝負が始まるときにはもういないんすよね。
「ギャンブルの世界に女性はいらない」とも語っていたそうですし。
あと福本先生自身、女性を書くのが苦手らしいとどっかで聞いたことがあるような・・・。


とにかく、
カイジも映画化されるみたいですし、この機会に福本作品に触れて見て下さい!!!!!

この動画作った人天才。!

ざわ・・・・・・・
    ざわ・・・・・・




toyama
by whiteheadeagle | 2009-09-15 14:15 | Comments(0)
<< SHOES入荷でーす。 アラブの暴れん坊 >>