バイオレンス ジャック

b0121563_13182152.jpg

バイオレンスジャックは知ってる人も多いと思いますが、ボクの中で黒い炎が沸々と再燃しているのを感じるので、ここでいっちょご紹介。


「バイオレンスジャック」は永井豪の代表作で、1973年に「週刊少年マガジン」でスタートして「月刊少年マガジン」「週刊漫画ゴラク」と雑誌を渡り歩き1990年まで連載されていた漫画。 

マガジン版とゴラク版を一つの物語として再構成した完全版もあって、その後も短編など数回連載されていたとこまでは知ってたけど、数年前に『新バイオレンスジャック』として不定期連載されてたそうだが知らんかった~。

内容は「関東地獄地震」(ネーミング◎)によって壊滅し、無法地帯となった街を暴力によって支配するスラムキングと、謎の大男バイオレンスジャックの死闘が描かれている大傑作!!

そんなありきたりの言葉じゃ言い表せない程に奥も深い。

~永井豪は破壊された世界で再起する民衆のエネルギーを描きたかったのだという。(Wikipediaより)~


まぁ漫画は有名だし凄い面白いのですが、実はアニメ版も凄いことになってるんです。 

毒アニメとか言われてたりして...



何故今頃「バイオレンス ジャック」なのかと言うと、ホワイトヘッドイーグルでも取り扱っているホラーファンジン「TRASH UP!」での記事を目にして、そういや十数年前に中古ビデオ屋で入手したオリジナルビデオ(ハーレムボンバー編)を一本だけ持っていたな~と思って探すが行方不明。。。

しかし!!

しばらくして実家に帰った時にたまたま棚の裏に埋没してるトコを発見!!

無事レスキューしたら他のジャックも無性に見たくなり、DVDを購入。(地獄街編&ヘルスウィンド編)

やっぱスゲ~オモロイ!!!!!!!!  ではなく「なんじゃこりゃ!!」が正直な感想。。。


今時のアニメとも違うし、子供の頃観てたアニメとも違う。 妙に新鮮。 なんか気になる。

やっぱ毒アニメだからか?

そんなこんなで、久々のジャック!! 

漫画で初めて読んだあの当時を思い出すわ~。

確か、初めて読んだのって17~18歳くらいの時にUGMANの谷口さんの家で読んで、度肝を抜かれたな~とか思い出しつつ、漫画も再読したくなり大人買い。



漫画はセリフも一々カッコイイしバイオレンス描写も凄いんだけど、永井豪作品のヒーロー達がちょくちょく出てくるトコとか最高です。

あとは人犬!! これは衝撃でした。 家畜人ヤプー以来の衝撃。 

b0121563_17331473.jpg

                             ↑
                          酷い絵図ら

ココ数ヶ月ビデオをきっかけに永井豪ブ~ム再燃中でございます!!



b0121563_17354821.jpg

原作を読んだことあるひとはアニメ版も相当強烈なので一度は観てみることをオススメする。

特に『バイオレンスジャック 地獄街』 は凄いです。

てか、原作以上のバイオレンスとの呼び声も高く、えげつない。 

地獄街編だけ成人指定です。

女、子供には見せられません。。 

興味ある方は見てみてください。(DVDで購入可能。 ややお高いが...)




漫画"新バイオレンスジャック"は『関東地獄地震』の設定ではなく地球の温暖化で関東が水没したという設定らしい。
一抹の不安もあるが読みて~。

バイオレンスジャックの世界観は映画『MAD MAX』よりも早いし当然、『北斗の拳』よりも早い。

オリジナル。

筋肉はゴリラ!

牙は狼!

燃える瞳は原始の炎!

2メートル20の全身に闘争エネルギーがみたされていた!

その名はジャック! 暴力(バイオレンス)ジャック!!



koto
by whiteheadeagle | 2009-08-27 09:02 | Comments(0)
<< The Mummies イルでチルでギルでシルでグルだった。 >>