その昔。

"Best Equipped Motorcycle Contest"

というハーレーのカスタマイズを競う大会が、およそ1910年頃から1950年代にかけて行われていたそうです。

そしてこの写真は50年代の同コンテストの様子を収めた貴重な一枚です。

b0121563_1840186.gif

この写真の主役の三人は、コンテストの優勝もしくは入賞者だそうです。

栄誉に輝いた三人の誇らしげな姿、周りのギャラリーの羨望の眼差し。

現代のハーレー人気の礎となったこの当時のブームの熱狂ぶりも想像に難くないですね。

b0121563_18411774.gif

・・・しかしこの一番右のお兄ちゃんだけ、やたらイケてんなあ。甘いマスクに引き締まった身体。 大会で入賞するほどのハーレーを転がしてたらモテまくっていたのは間違いありませんよ。この三人の中じゃ、どう見てもコイツが優勝なんじゃ・・・て思うのは僕だけでしょうか?

近くで見てもほんとカッコいい。

このTシャツ姿がまた、、Tシャツが・・・

んっ?このTシャツ・・・

b0121563_18434389.gif

はい! 入荷いたしました!!!
ゴリゴリの超お宝アイテムです。

ハーレーのTシャツは、70年代頃のモノだとしばしば見かけることがあります。ハーレーのブランドロゴやバイクモチーフのプリントなどなど。チャンピオン社製のモノが多いのも有名ですね。

今回ご紹介するのは、ハーレーのプリントTが流通し始めた初期のものになります。

40年代に入るとハーレーのバイクの流行に伴い、各ショップがオリジナルTシャツを作り始め、ハーレーのロゴと、それぞれのディーラーが自分のお店の名前をプリントしました。

b0121563_18435257.gif

両面とも染み込みプリントです。

b0121563_18435927.gif

こちらが背面のプリントで当時のディーラー名が入っております。

そしてなんといってもボディが、
b0121563_184491.gif

50年代のチャンピオン社製、ランナーズタグです!

ランナーズタグのハーレーTシャツはごく稀に見かけることがあるんですが、プリントがシンプルなものや、ぼろぼろに破れてるものがほとんどなんです。。

これは全体的にシミになった汚れがあるものの、奇跡的にダメージがほとんどありません。

サイズ表記の部分がほつれてしまっているのですが、実寸は
着丈約54cm、袖丈約13.5cm、肩幅約44cm、身幅約43cmです。

若干サイズ小さめなものの、慎重170cm前後で中肉以下の方なら、写真の彼のようにジャストフィットで着れるサイズなんじゃないかと。

これだけのアイテムがこの状態で出ることはなかなかありませんので、ぜひこの機会にお問い合わせください。
ご来店された方は帰る前に実物を一目見ていってください。それだけの価値があると思うんです。

HARLEY-DAVIDSON T-Shirt Champion 50’s Runners Tag ¥50,190-

kageyama
by whiteheadeagle | 2009-04-23 18:40 | Comments(0)
<< Half Cab ★BATMAN★ >>