ポンテシティアパート

b0121563_13221625.jpg

b0121563_13223535.jpg

南アフリカのヨハネスブルグってとこは、外国人が一人で生存できる時間15秒ともいわれる街らしいんですが、そこの中心にある世界で最も荒廃した高層ビル [ポンテシティアパート]

ここメチャやばそうです。

ポンテシティアパートはかつては「地上の楽園」とまで言われ白人富裕層の象徴と言われた、全長173m、54階建ての高層マンション。 最上階にはサウナやバーも完備。ペントハウスは全室70年代風の家具で統一されたいたそうです。 (ドイツのポルノ作品にも使われていたようだが、観てみたい!!)

アパルトヘイト政策廃止後の1990年代には治安が悪化してかつての住民はほとんどが退去してしまい、その後はヨハネスブルグの九龍城とも言われ、麻薬の売人やギャング達が不法入居し悪の巣窟となった。 (日本も政策が一歩間違えればヒルズあたりも.....)

5階までゴミで埋まっていたそうな。。。。

今はゴミは無い様だけど、昔を想像するだけで怖ぇ~ ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル
(今もギャングも住んでるようだけど昔ほど荒れてなさそう)

New Ponte Project なるプロジェクトも進んでいるようで少し前よりも改善されてそうだけど、街は相変わらずリアル北斗の拳状態。

●夜間に外出すると、強盗に遭う確率が150%(2人に1人は2回強盗に遭う)
●HIVキャリアは20%オーバー
●一日あたりの殺人件数が80人



高校の時の倫理の先生が夏休みに南アフリカ行って殺される程殴られて鞄やら時計、財布取られたって、痛々しい顔で真剣に語ってたの思い出したわ!!

LA在住の南アフリカ人(白人・元傭兵)はアパルトヘイトも無いし「凄い安全だよ~」なんて言ってたが、ネットでどこ調べたって安全なんて見当たらなかった~。

アパルトヘイト撤廃は、南アフリカ共和国で最も大きくて裕福なヨハネスバーグの町に暮らす黒人たちに、新しい自由と機会を与えたが、同時に、犯罪、貧富の差の拡大、混乱ももたらした。 (ナショナルジオグラッフィックより)

へぇ~そういことだったんすかぁ~。

じゃあ南アフリカの黒人にとって良かったことってなんなのだろ?

差別のあとは格差による貧困 ウ~ム ムズカシイ。

「スラムドッグ$ミリオネア 」でアカデミー監督賞も受賞したダニーボイルが悪の巣窟を舞台にした映画「Ponte Tower」を製作中とのことなので公開されたら観なければ。

アパルトヘイト政策を描いた映画は観たことあるけど撤廃後の南アフリカの姿に興味あります。

人物もネルソン・マンデラとマイク・ベルナルド位しか知らないし。
今までヨハネスブルグってドイツあたりの田舎町かと思ってたぜ~。

そうそう、2010年にワールドカップも行われるそうだけど大丈夫なの?

鴨がネギ背負ってナンチャラにならないですかね~?

そんなヨハネスブルグも、「アジア/ 太平洋、中東、アフリカにおける都市化と環境への取り組み」の アジア/太平洋、中東、アフリカ地域の都市環境ランキングでは世界代2位。

ワールドカップ目指して環境改善に相当力入れてるんでしょうね。

今後そこらへんのニュースも増えてくると思うので注目したいです。






koto
by whiteheadeagle | 2009-04-07 14:11 | Comments(0)
<< REDWING POSTMAN... NIKE!!! >>