The Wrestler


b0121563_1121688.jpg

かつて、世界中からセクシーだと言われていた男も今では良い具合の枯れよう。
波乱万丈男 ミッキー・ローク完全復活ですね。

しかも第66回ゴールデングローブ賞で主演男優賞受賞!!!!!!!!!!!!!!!

正直嬉しい!! おまけに作品が 「レスラー」 題材が素敵すぎる!!

ボクシング映画とかではベタだけど、プロレス映画で受賞って、凄くないですか??

男泣き映画であることは間違いなさそう。

あまりミッキー・ロークのことは話題にしてもらえなかったけど映画「SIN CITY」で久々に見たときも嬉しかったな。

あまりにもカッコ良すぎて男泣きしたね。。。
あのネコパンチはただの若気のいたりだったのだと確信しながら。
b0121563_130559.jpg

これは野郎と行くしかないな。↓

アカデミーにもノミネートされているんで是非獲ってほしい。

それで、80S~90S アメリカンプロレス・ブームがやって来たら、もっと良い!!
冷戦時代のアメリカが空前のマッチョブームだったあの頃のように!!!
映画スターもスポーツ選手もゲイもミュージシャンもみんなね。

とはいかないか。。。


しか~し、ホワイトヘッドイーグルは取り揃えてますよ~ 

着れるマッチョなアメリカンを!!
どーですかーお客さーんんんんんん!!!!!!!!
b0121563_10385296.jpg

b0121563_10393866.jpg


数年前にビンテージROCK-Tシャツとか流行ってましたよね?
あのへん着れるんだったら、プロレスTもありでしょ?


これ着て夜遊びしてたら、フロアでモテること間違いなし!!!!

なんか配色とかデザイン、今見るとグッと来るのだよなぁ~。
哀愁&マッチョ=ローファイでそれを通り越してハイファイなテイストが☆☆☆

そんな気分。

ホーガンのサイン付きとかもありますよ!!!!!!


話はもどって、ミッキー・ロークは調子に乗ってor乗せられてか知らないがWWEのリングに上がってしまいそうな感じなんすが、どう思います?

ボク的には俳優に徹していただきたい。

そして、「レスラー」と合わせて観たら面白いと思うのが、プロレスビジネスの裏側を撮ったドキュメンタリー「ビヨンド ザ マット」(1999年)お勧め!!

この中に出演しているジェーク・ロバーツというかつて怪奇派として有名だったレスラーの煌びやかな過去の栄光に隠された暗い真実や、落ちぶれてしまった今も現役として小さな会場をまわる姿は「レスラー」と「ミッキー・ローク」そのもの。

プロレスファンもアンチプロレスファンも観たらきっと、単なるショーでは無いことがわかると思います。 

ンムフフ。

koto
by whiteheadeagle | 2009-02-03 09:57 | Comments(0)
<< U.S.NAVY DECK J... Theo Jansen展 >>